なかなか取れない疲れは内臓の疲労が原因

なかなか取れない疲れは内臓の疲労が原因

慢性疲労、(眠りの質が悪い、スッキリしない、いつも怠い。)寝ても寝ても疲れが抜けないようなこれらの疲れは、内臓の疲れが原因。

  • 日々の飲食での負担
  • 冷え
  • ストレス
  • 過剰な運動
  • 睡眠不足
  • 運動不足

などで内臓の血流が悪くなり内臓が硬くなります。

硬くなることで内臓自体の働きを悪くし、カラダの歪みも引き起こし不調を招きます。

 

足裏には内臓のツボが全て集まっています。その足裏のツボの反応を一つ一つ丁寧にチェックし、刺激の強弱を使い分けて繊細に施術をしていきます。必要な部分に必要な刺激を加えていきますので無駄に痛みを与えることはありません。苦痛があっては脳は完全な働きをしません”快”が心と体をしっかりと機能させるからです。

 

杉並区の足ツボ リマイスターのトップへ戻る

足ツボ療法カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。